入院して失った筋肉を取り戻せ

入院して失った筋肉を取り戻せ!?

入院して失った筋肉を取り戻す事が
大切なんですが・・・。

 

肺炎を患い二週間も入院をしてしまいました。

 

しかもその間まるまると寝たきり生活を余儀なくされてしまい、
これでは体がなまってしまうなと危惧していました。

 

しかし、そんな心配を遥かに越えた事態に
自分自身かなり驚きました。

 

体がなまるどころの騒ぎでなく、普通に歩くことさえ
ままならない状態でした。

 

足腰の筋肉はすぐに悲鳴をあげてガクガクです。

 

腕立て伏せをしようものならふにゃりと体が
沈むだけで起き上がることはまったくできませんでした。

 

もともと隆々とした筋肉の持ち主というわけではないですが、
それなりにスポーツをこなしてきた体育会系なだけに
この惨状はショックでした。

 

それでもめげずに筋トレを基礎の基礎からしました。

 

腕立て伏せは両膝をついた状態から。

 

腹筋も頭を起こしてへそを見るだけのもの。

 

ウォーキングはそれこそ杖を必要とせんばかりのよろよろで
頑張りました。

 

落ちた体力はなかなか戻らず、毎日の筋トレは地獄の
トレーニングかと思うくらい辛いものでした。

 

二ヶ月ほどかかり完全に元の状態に戻り、改めて簡単な
筋トレをしてみるとどうしてこの程度のこともできなかったのかと
不思議に思うばかりです。

 

筋肉は一朝一夕では身につかないけれども、あっさりと
失われていく様が体をもってしみじみとわかりました。

 

日々の運動は怠らないようにしたいと思います。

 

筋肉ムキムキの人が好きです

 

僕は同性を見ると、筋肉がムキムキしている人が
気になって仕方がありません。

 

同じ男性なのに、どうして僕とはこんなにも差が
あるのでしょう。

 

僕だってできるものなら、筋肉をつけたいのです。

 

でもそれができません。運動が好きではないので、
筋肉は全くつかないのです。

 

そこでまずはできる事から始めてみたのです。

 

それが通勤です。

 

今編んでは車での通勤をしてきましたが、自転車で
通勤してみる事にしたのです。

 

学生時代もずっと電車通勤だったので、自転車には
乗る機会はありませんでした。

 

でも街中を見ていると、自転車でさっそうと走っている人を
見ると羨ましく思っていたのです。

 

それに腕にも太ももにも、とても良い筋肉が
程よくついているのです。憧れていたのです。

 

だから自転車に乗る事にしました。自転車で会社までは
三十分ですがとても気持ち良いです。

 

そして腕も足も、とても疲れるので気がついたら
筋肉がついていました。

 

このままいくと、もっと素晴らしい体になれると思います。